格安スマホとiPhoneなどの高級スマホのどっちを使うべきか?自分が求めるスペックによって変わります

格安SIMなんかを使っているので、僕は「スマホは安い方が良い」と思っている派でした。

ですが一応仕事でもスマホは使うので、試しにハイエンドモデルのスマートフォンも購入しました。その結果Huawei製ですが、エントリーモデルとハイエンドモデルの2機種のスマホを今持っています。

そこで感じた「格安スマホと高級スマホの違い」を今回は紹介したいと思います。

スポンサードリンク

格安スマホと高級スマホの違いは?

簡単に言うと値段で見極めるとこうなります。

  • 2~3万円台が格安スマホ
  • 4~7万円ぐらいが普通
  • 8万円以上なら高級スマホ

基本的にアップル製品は高額で、ブランド品です。

ちなみにiPhoneはガチの高級スマホなのです、持っている時点でお金持ちの証拠です。

海外で治安の悪い所だと下手に出さない方が良いなんて話もネットで見るけど、実際はどうなんでしょうね…そんなに怖いの海外って…(笑)

大きな違いはカメラにある

個人的に感じる一番の違いはやはりカメラ。

2万4千円ぐらいで買った格安スマホと、10万円で買ったハイエンドスマホだと、やはりカメラが違う。

ただ個人的にはHuaweiのモデルはどれも白みが強いのがあまり好きではない。恐らく女性の顔を撮るために最適化している部分があるので、デフォルトは常に白い(笑)

ただその設定を切っても結構白いです、特にセルフィー(自撮り)の場合は白めになり、肌を少しでもキレイに撮ろうとする力が働くので…まぁ若い女性向けの機能と言えますね…(笑)

こういうのはやはりハイエンドスマホの方が良い。だから個人的な結論として「セルフィーをキレイに撮りたい人はハイエンドスマホ」って結論に至ります。

ただぶっちゃけ白くするぐらいは加工でいくらでも出来るんで…まぁどうかなと…(笑)

風景を撮る分には大差ない

最近のスマートフォンはデュアルレンズカメラになっており、この2つを使う事で一眼レフのようなボケを作り出す事が出来る…とはよく言います。

だがしかしばっと、やはり一眼レフを持っている人間からすると「安っぽい」と感じてしまうわけです。しょせんはまがい物で、どうしても「えー変だよこれ、加工してある感が半端ないじゃーん」って言いたくなります。

どうしてもこの辺りは一眼レフの方が良いし、ぶっちゃけ数年前のコンデジの方がまだ良いです。

僕が持っているコンデジは「Canon PowerShot SX710HS」ってものでして、これは2015年2月に発売されたものなので、もう3年前の機種になります。それでもまだこっちの方が僕は見た目キレイだと思います。

コンデジで撮った画像
これがコンデジで妻が撮った画像です。

コンデジで撮った画像
やっぱ「専用機」なので、あらゆる点で劣るんですよ。たとえそれが3年前の機種でもね…ズームもそうですし、全体的にコンデジの方がやっぱりキレイに撮れます。専用機は違いますね。

Canon PowerShot SX710HSは初心者にオススメ

ちなみにコンデジ、一眼レフなどの違いについてはこちらの記事をどうぞ。

カメラの種類と特徴まとめ…好きなら初心者でも一眼買って良いと思う

ってわけであくまでコンデジの方が上なんですよねやっぱり。

最新のアプリを遊ぶならハイエンドモデル

例えばですがゲームアプリをどうしてもやりたい人、SNOWなどのカメラアプリなどを使いたい人はハイエンドモデルでないとキツイかも知れません。

エントリーモデルはメモリが2~3GBの事がほとんどです。例えば僕が持っているP10 liteは3GBとなっています。

ですがHuawei Mate 10 Proになるとメモリ6GBあります、2倍ですからね…そりゃ処理は高速だわと、ちなみにメモリが高ければ高いほど、ガジェットは同時に色々な動作を可能にします。

メモリとは?同時に複数の作業をする時に必要になるもの

簡単に言うとメモリ(RAM)とはテーブルです。テーブルが広ければ広いほど作業はしやすい、狭ければ狭いほど作業はしづらいので、この数が大きければ大きいほど、同時に色々なアプリを開く事が出来るというわけです。

ですがメモリやCPUが悪いとどうなるかと言えば、最新のアプリが遊びづらいってことです。

安いスマホだと新しいアプリが重くなる

例えばNexus5Xなんかはもう古いので、SNOWを開くとスマホがめちゃくちゃ熱くなります(笑)

僕も以前使っててこれは実感しました、今のSNOWはかなりリソースを食うようになっていて、ハイエンドモデルじゃないとすぐに熱くなります。

ハイエンドモデルでも負荷をかけてはしまいますが、それでも格安スマホよりはマシですね。

って事でこういう「新しいゲームアプリ」「今流行っているアプリ」をやりたいと思えばどうしても高級スマホの方が良いって結論になるのです。

カメラとゲームにこだわらないなら格安スマホで十分

例えば僕のように「カメラは専用機を持って行く」「ゲームも専用機でしかやらない」っていうタイプの人間にとっては、高級スマホの価値はほぼありません。

要するにこの2つにこだわらないなら、別に格安スマホで問題ないよねって事になります。

ここで難しい問題なんですが、節約をしようと思うなら当然格安スマホで格安SIMを使うのが一番良い、だってこれだけで年間7万円以上はお得になるから。

でも高級スマホを使う場合、格安SIMにする意味があるのかどうか…まぁでも一応2年間使い続ければ確実に格安SIMの方がお得にはなりますけどね…。

冷静に考えると自分で昔計算した考え方だと、高級スマホでも格安SIMの方がお得でしたね…(笑)

ってわけでどっちにしろ格安SIMの方がお得なことには変わりません!(笑)

汎用機で良いか専用機で良いかの違い

コレに関しては本当に汎用機か、専用機かの違いになります。

例えばカメラ機能を重視すると言っても、カメラは当然カメラの方が性能は良いんですよ、だってカメラですからね。

ゲームに関してもゲーム機の方が良いにきまっている、だってゲームですからね。

ただ今は「スマホカメラ」と言うジャンルが既に出来上がってます。スマホカメラの特徴として豊富なアプリでの遊び、そして手軽さ、何よりSNSに即座にアップ出来るフットワークの軽さがあります。

これらの用途が欲しいならやっぱり「スマホカメラ」を重視するべきだとは思います。

ゲームに関してはゲーム機とスマホでは完全に方向性が違います。

スマホゲームは基本無料のゲームが多くて、一部の廃課金者から大量に搾取する事によって運営が成り立っています。ですが家庭用のコンシューマゲーム(PS4とかね)はソフト買い取り形式なので、全く別物です。最近は課金制度も増えてますが…。

どうしても「スマホゲームがやりたい」って人になると、ある程度のスペックがあるスマートフォンを持ってないと聴い日敷くなるので、そういう意味でそっちの投資は必須になるのかも知れません。

その「スマホゲーを快適にやりたい」って人にはある程度のスペックを持ったスマートフォンを購入する価値はあるので、そういう人にはオススメ出来ますね。

ただ個人的にはこういう「何でも出来るよ」って物はそこそこの物にして、専用機にお金かける派です、僕はね!(笑)

こだわりがある物にお金をかける意味はわかるんですが、とりあえずオールラウンドに使える汎用機はまぁ…そこそこで良いかなーって思っちゃうんですよね…。

ただ職業柄、ハイエンドモデルもエントリーモデルも持ってないとダメだったりするんですけどね…(笑)

節約を取るかスマホの快適さを取るか

スマホ一台に2~3万円出すか、10万円出すか、差額が約10万円になります。

これをどう思うかですね。僕は差額の7万円でコンデジを買った方が風景や家族の撮影には十分な物が買えると思いますし、ゲームも廃課金のスマホゲーよりコンシューマ派なので問題ありません。

スマホでやるのは自分のサイトの閲覧、ちょっとしたSNS、友人や家族との連絡だけなので、コレぐらいの用途の人間にはハイエンドスマホは本当に不要です。

格安スマホでも十分動作してくれていた、それを考えると「うーん、これだけのために10万支払ったのはなぁ…」ってどうしても思っちゃいますね、使い続けてると感じてしまいます。

どっちを選ぶかはやはり本人の趣向次第。個人的にはリア充系の人は高級スマホ、僕みたいな我が道を突っ走る人、もしくはお金がない人は格安スマホかなーって気もしています(笑)