LINEモバイルを契約してみた感想と評価…現状では最強の格安SIMだと思う件

LINEモバイル

LINEモバイルをとうとう契約してみました!!

日本人の大半が使っていると思われる「LINE」ですが、そのLINEが出したMVNO…要するに格安SIMですね。

今回はLINEモバイルを実際に契約して使ってみた感想などを並べたいと思います。ハッキリ言ってこれ最強だと思うので、契約可能な人は今すぐ変えるべきってレベルです。

僕も楽天モバイルから乗り換えようかなーと本気で思ってます…(笑)

公式サイト→LINEモバイル

LINEモバイルのメリットは?

LINEモバイルの最大のメリットはなんと言っても「SNSのモバイルデータ消費制限無し」と言う恐ろしいほどの大きなメリットです。

皆さんはスマートフォンを使う時に、主に使われるモバイルデータ(ネット使用のデータ)は何ですか?

僕は主にこれらになります。

  • LINE
  • Twitter
  • ブラウザ使用

このうちのLINEとTwitterのモバイルデータが使い放題になってしまうのです。※ただしプランによって幅の差は多少出ます。

SNSの使い放題がある

一番安いプランでもLINEは通話も画像・動画送受信も全部使い放題。コミュニケーションフリープランだとTwitter・Facebook・Instagramも使い放題になります。

だからSNSが大好きな人にとってはLINEモバイルは最強の格安SIMだと言えます。

LINEの年齢確認なども可能

格安SIMの最大のデメリットとも言えた「LINEでの年齢確認」「SMS認証」などが全部スキップ可能になっています。

少なくともLINEに関してはこれらの心配をする必要はありません。最低プランの月額500円プランでも、LINEアカウントを作る事も年齢確認もクリアする事が出来ます。

子供の初めてのスマホにも最適

例えばこれなんですが「子供と連絡を取るためだけの、初めてのスマホ用」として契約した場合は電話番号要りませんよね?

子供とLINEで連絡を取るために持たせて、格安スマホや自分の使い古しでも持たせておけば、なんと月額500円で契約可能にもなっています。

そしてLINE自体はその契約でも使い放題になっており「更にモバイルデータのみのSIMの場合はいつでも解約可能」です。

ドコモ・au・ソフトバンクみたいな3大キャリアにある2年縛りはデータSIMの場合は一切存在しないのも強みですね。

解約手数料について

ちなみに電話番号での通話も可能なSIMの場合は、最初の1年間を過ぎるまでは解約手数料が9,800円必要となるので注意です。

またMNP転出の場合はどこでも同じで3,000円が必要になります。

ドコモ回線なので安心

回線に関してはどこのMVNOも同じですがドコモ回線を借りて使っているものなので、繋がりにくいなんてトラブルはほぼありません。

ただもしかしたらMVNOが人気になりすぎて、回線が混雑して繋がりにくくなる…と言う事はあるかも知れません。

ですからLINEモバイルも最初はつながっても、どんどん人気が出て繋がりにくくなる…って可能性は0じゃないので、そこだけは注意です。

契約してからSIMが届くまでは2日程度だった

実際に契約してみました。契約自体はネットで簡単にできます。

公式サイト→LINEモバイル

一番手っ取り早いのは免許証をスマホで撮影して、そのままアップロードする方法ですね。いくつか本人確認の方法はありますが、こっちのが早かったです。

契約してから2日程度で届きました。夕方に申し込んで翌日には発送が届いて、その次の日にはSIMが届きましたよ。

プランの違いについて

プランの違いはこの2つになります。

LINEフリープラン

LINEフリープランはモバイルデータが1GBしか使えません。ですがデータSIMプランだと月額500円で使えます。

当然ですがそれでもLINEは使い放題、LINEの通話・トーク・画像と動画の送受信・タイムラインが使い放題です。

ちょっとした調べ物程度ではそう簡単には月に1GBも使わないのでこれで十分だと個人的には思います。

またSMSも使えるプランだと620円、電話番号を使った通話も可能なプランだと1200円となっています。これだけでも相当安いですよね。

コミュニケーションフリープラン

ヘビーに使いたい人はコチラがオススメです。

データ使用量は3GB~10GBまで選ぶ事が出来ます。1110円~2640円と言う幅広い金額にもなります。

モバイルデータ+SMSで上記の値段、電話番号での通話もプラスするとプラス580円となります。

こちらの最大の特徴は各SNSもフリーになるという点です。対応しているSNSは以下の通り。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

これらの主要SNSはカウントフリー…要するに使い放題って事になります。ヤバすぎる…。

速度は十分速い

格安SIMの速度なんて、ユーザーが増えれば増えるほど落ちるものなので、あまり参考になりませんが、2016年12月17日の朝10時に測ってみたらこれぐらいでした。

LINEモバイルの速度
下がLINEモバイル、上が楽天モバイルの速度になります。アップロードで大きな差がついてますが、ダウンロード自体は大差はありません。

ちなみに悲しい事に5GHzのWi-Fiよりも二つとも早かったです…どうしたんだ我が家のWi-Fi…ちなみにWi-Fiだと両方とも25ぐらいでした…やっぱり土日はWi-Fiの方が遅くなりますね…。

そもそも格安SIMとは?

格安SIMの説明については過去に書いてあるので参考にしてみてください。

セットアップ方法は公式サイトにもあり

セットアップのやり方は公式サイトに普通に書かれているのでそちらを参照してください。

また契約したら送られてくる冊子にも当然書かれているので、恐らくそれを読めば迷う事はないでしょう。

AndroidのAPN設定のやり方

ちなみにAndroidの場合はAPN設定をする際に「設定」→「無線とネットワーク」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を選択します。

その後に右上にある「+」を押して新規にアクセスポイントの編集をしましょう。

  • 名前(好きにつけましょう)
  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証タイプ

という所だけ記載すれば完了します。

後はそこで作ったアクセスポイントを選択すれば格安SIMが使えるようになります。

三大キャリアからのMNPのやり方

電話番号をそのままにして乗り換える場合はコチラを参考にどうぞ。

どちらにせよMNPをする場合は、今契約しているモバイルキャリアに連絡を取ればわかるので、そちらに連絡してください。

格安で更にSNSも使い放題の最強のMVNO

LINEモバイルはこれまで以上に更に激安で使えるようになった事になります。

楽天モバイルの場合、最低限使える条件のプランで月額900~1600円となります。ベーシックプランは速度がめちゃくちゃ遅いので使えないので、絶対に3.1GBプアrンからになるので。

LINEモバイルの場合は1GBプランからで月額500~1200円で使う事が出来るので、これだけでも結構な差になりますが、更にそこでSNS使い放題があるので…かなりの差になります。

個人的には現状で格安SIMを使うならLINEモバイルが最強だと思いますね。

公式サイト→LINEモバイル


投稿日:

Copyright© 楽天・LINEモバイル愛用者の格安SIM道 , 2017 AllRights Reserved.